2013年01月08日

機能性低血糖症とは。

長い間、体調不良を治そうと自分なりに食事の工夫や栄養の知識を得たり、ヨガなどの運動をしていましたが、昨年の引越しを境に、働くことも家事もまともに出来ない体調まで悪化してしまい、昨年の2012年10 月、5時間糖負荷検査で機能性低血糖症だったことがわかりました。

機能性低血糖症とは、単に低血糖になる病気というのではなく、血糖値をうまくコントロールできなくなる病気で、血糖値が通常より上がり過ぎたり、下がり過ぎたり、または下がったままの状態が続いた入りして、それが精神や身体に悪影響を及ぼすというものです。

脱力感、異様な疲労感、意欲や気力低下、イライラ、発作的に興奮してヒステリー、発作的に悲しくなる、頭が働かない、ボーッとする、記憶力・集中力低下、頭が混乱する感じ、思考がまとまらない、憂鬱感、喜怒哀楽がなくなる、神経の高ぶり、眠れない、腸と膀胱の痛み、腰痛、しんどくて走れない・自転車に乗れない・座れない・立てない、尿失禁、顎関節症、下痢が続くなどなど…振り返ると色んな症状がありました。
(これ全部が低血糖症の症状ではないと思います)

今もまだまだ不安定で回復していない症状は沢山あるのですが、何も考えられない状態からやっとブログやろうと思えるような体調になりました。

昨年の11月に、大阪からはるばる千葉まで、低血糖症治療で有名なマリヤクリニックに行き、更に詳しい検査をして先日結果がでました。
どうやら低血糖症だけでなく、その背景には色んな要因が絡んでいるみたいです。

一体何が原因でこういう風になったのか・・・少しずつ分かってきています。自分では、もしかしたらまだ他に原因があるんじゃないかという気もしています。

その原因についてや、治す為に出来ること、これからどういう治療経過を辿るのか等、とりあえずは飲んでいるサプリメントの紹介も含めて、体調の記録と共に書いていきたいと思います。

余力があれば、色々なサイト、本、実体験などで得た栄養や身体についての知識のまとめなども書いていきたいと思っています。

同じような症状を持つ方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
posted by ぴぃこ at 19:00| Comment(0) | 栄養療法の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。