2013年02月15日

DHEAと副腎疲労改善について考える1

1月に神尾記念病院を受診(その時の記事はコチラ)してから、もうそろそろ一ヶ月たってしまいます。。。
その時にやるように言われたホルモン検査。

DHEA 98μg/dl
エストロゲン 21pg/dl
テストステロン 0.05ng/dl以下
※基準値など詳しい内容は → 2/9の記事をご覧ください

この結果を報告し、今後の指示をしていだだきました。
やはり、副腎疲労改善の目的でしばらくDHEAを補うことを勧められました。(但し、過去に卵巣のう腫、腫瘍、乳がん、乳腺症の経過や経験があれば医師に確認してから服用するように言われました)
DHEA値が200μg/dlになれば一旦中止して良い、との事でした。

でも色々調べてみると、DHEAは「外から補うと自らのDHEA生成量が減ってしまう」といわれてるらしいです。いわゆる副作用ってやつですね。
そんなことから、このDHEA、私は飲むのをずーーーっとためらっておりました。
この事についても質問したところ、やはりその話が全くないわけではない、とのこと。

DHEAは加齢により生産力が低下します。
ですが、私の場合は加齢だけの問題ではなく、DHEAを生産する副腎疲労による可能性が考えられるので、服用して自らのDHEA生成量が減ってしまうこと以前に、まずは副腎の機能を正常にする方が必要とのことでした。
DHEAを飲むことで副腎の負担を軽減させて、機能を回復させるのだそうです。

これってどういう意味かというと、たぶん、、、
「どちらにしても今のままの副腎ではDHEAを生成する力がないので、このまま副腎疲労を放置していれば年齢を重ねる程DHEA生成量は更に低下していくだけ。早いうちにDHEAで副腎を休ませることで回復させ、自らのDHEA生産力を上げることの方が重要」
という意味ですよね。きっと。

そして、それと並行して副腎機能を正常にするように努めることも必要とのことでした。

つまり・・・。DHEAだけに頼らず「副腎疲労をさせる生活要因を排除する工夫や努力が必要」ということですよね。

私のホルモン値から言ってDHEAをとれば、おそらく元気になる気はします。

でも元気になったといってもそれは、外から補ってるDHEAのおかげで、副腎が回復したからではない。

元気になったからといって活動し過ぎたり、頑張り過ぎてストレスになるような事をしたり、副腎を刺激する食生活を避けないと、結局は副腎が休まらず堂々巡りになり、副腎回復にはならないよ〜!ってことですよね。

で結局、そうなると、DHEAを止めれば元通りか、もしくは悪化!?ってことになりそう・・・がく〜(落胆した顔)

でもきっと本当はDHEAに頼らなくても、食事と生活習慣やリラックスするなどで自然に副腎は回復できるよ〜〜な気がするんですが・・。

自分が副腎疲労だとは知らなくても、ゆっくり休んで、生活改善の努力をして、回復していく人も沢山いると思うんです。
それができたら1番なんですけど・・・。

それがなかなか難しいのも事実ですふらふら

そういえば、過去の私・・・今考えるとたぶんあの時も副腎疲労だった。とても働けない状態だったけど、しっかり休んで、色んな努力して社会復帰し生まれて初めての体調の良さを体験した事あります。半年以上かかりましたけど。しっかり休めたのは実家に居て親を頼ることが出来たからっていうのもあります。

でもあれは10年前の話し。。。年齢的に元々のDHEA生産力も今よりはあっただろうから、やはり歳をとればとるほど回復しにくくなるのかも、ですねたらーっ(汗)

DHEAって若返りのホルモンとも言われてるみたいです。お肌のハリがUPしたり見た目が若返ったりするそうです。ホルモンUPするんだからそりゃそうですよね〜

副腎疲労の話し抜きでも、それはそれでかなり魅力的wwるんるん

でも、飲みたいけどちょっと怖い。

長くなったのでまたつづきを書きます。。。
posted by ぴぃこ at 10:23| Comment(0) | 栄養療法の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

腸内除菌開始!

予定外で糖質制限の話しが続いてしまいました。。。

そのせいでなかなか書けずにいたんですが・・・いよいよ始めましたexclamation

カンジダの腸内除菌。

私の腸内にはびこっているカンジダを退治してくれるであろうカンデックスが、これです!!
これで私の体調は変わるでしょうかexclamation&question
お願いしいますよぉ〜〜揺れるハート

image-20130214080632.png

にっくきカンジダめ!!私に許可なく勝手に増殖しやがって。苦しんで死ぬがいいっ!死んでくれぃ〜〜パンチ

実は、3日前の月曜から飲み始めてましたが、別記事を書いちゃったため書けないでいました。
(書きたい事がたくさんあって、ホントは一日3つ位のペースで記事書きたい位・・間に合いません〜〜^^;)

カンデックスは繊維消化酵素で、カプセルの成分はセルラーゼ、ヘミセルラーゼ、インベルターゼなどの消化酵素。
カンジダの細胞壁はほとんどが繊維からできているため、この繊維消化酵素を空腹時に飲む事によりカンジダの細胞壁を壊して死滅させる、とい効果があるそうです。
カンデックスでの治療法は効き目はマイルドだけど、ナイスタチンとは違い菌が抵抗力をつけないのだそうです。
そういう意味では万が一具合悪くなって途中で中止しても安心^^

ずっと前からカンデックスは買ってあったのですが、ダイオフ症状が怖いので、いつから始めようかずっとずっと悩んでいました。
それで、もし平日に具合悪くなってご飯の支度ができなくなったら困るので、夫がいる休日に具合悪くなった方がまだいいかなと思い、先日の月曜日、祝日に開始しました。

ホントは一回一粒から開始しようと思ったんだけど、夫もいる事だしダウンするなら今日の方がまだいいってことで、思いきって最初から一回二粒飲んじゃいました。
もし具合悪くなったら、翌日から一粒にするか止めるかすれば症状は無くなるだろうし。

恐れていたダイオフ症状は・・・。

まったく無いわーい(嬉しい顔)

よかったぁ。

でも、一般的にカンデックスはダイオフがないって言われているけど、全く無くはない、とも言われました。
でも私、ほんの僅かな変化すらない。まったくもって普段と変わりありません。
だから喜んでいいのかどうか微妙。。。

「もし、血液中のD-アラビニトールの値がアクティブだったらナイスタチンでないと効果ない」という栄養医学研究所の先生の言葉も浮かんできます。
でも、近くで検査してくれるところないし、今はとりあえず仕方ないもんね。

就寝前と日中の食間に飲んでいますが、就寝前は空腹だけど、日中はちょこちょこ間食しているから空腹ってほどでもないのがいけないのかな?
増量してもいいのかしら??クリニックに電話して聞いてみようかなぁ。

ちなみに、カンデックスはアイハーブで買っています。

Pure Essence, Candex, Yeast Management System, 120 Veggie Caps.jpg
Pure Essence, Candex, Yeast Management System, 120 Veggie Caps $46.99

これと先日紹介した乳酸菌のカルチュラルで善玉菌増やして。。
これらで腸内環境改善を目指すのだ!!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アイハーブお買い物する場合、初回限定で「AZU968」のクーポンコードを入力すると40ドル以上の購入で10ドルの割引になります。(40ドル以下は5ドル割引きです)
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *
どんなサプリメントでも個々の体質(体調やアレルギーなど)により合わない場合があります。
このブログで紹介している事やサプリメントなどで、万が一トラブルが生じてもこちらでは一切責任は追いかねますので、ご自身でもよく確認をし、自己責任ということを承知の上でお試しください。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



posted by ぴぃこ at 09:36| Comment(1) | 栄養療法の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

タンパク質過剰摂取の害

最近は、このブログをどんなワードで検索して来てくれているのかな〜と興味があるので、アクセス解析の検索ワードを見るのが楽しみのひとつになっていますわーい(嬉しい顔)
今朝、そのワードの検索画面を見てみたら、マリヤクリニックの院長夫妻が運営する「低血糖症治療の会」の「会報」にタンパク質の過剰摂取について書いてあるのを見つけました。

引用不可となっていたのですが、一部のみ引用します。・・・でもホントはこれもダメなのかなっ?たらーっ(汗)

でも、病院で検査して「あなたはタンパク質不足」「高タンパク、高タンパク!」って指導されたら、具合悪い人は原因がわからず藁にもすがる思いなので「そうか、タンパク質不足が原因なんだ」って思い、頑張ってタンパク質食べてプロテイン飲んで悪化させてしまう人、多いと思うんです。私と同じように。そんな単純な問題じゃないのに。
私と同じ経験をする人が少しでも減ってくれたらと思って敢えて引用しました。
私は病院で指導される一年前にも、ある本に出会って糖質制限食をした事(短期間でしたが)があり、2回も同じ失敗しています^^;
糖質制限で高タンパク質摂取をするなら、以下の事実も知ったうえで実行したほうが良いと思います。

でもでも、私は糖質制限食を否定するつもりはないです。んーでも、賛成!!って訳でもないんだけど。。。
今現在、私自身はゆる〜い糖質制限食が一番体が楽に感じるので、賛成よりになるのかな??
それが本当に合っているのかわからないし、今後変化していくかも知れないですが・・・

結局は、自分の体の声を聞きつつ、慎重に自分に合ったタンパク質、糖質の量を見つけていくしかないのかな〜〜??

詳細はコチラ「低血糖治療法の歩み1」をご覧くださいねexclamation
牛乳や食習慣ついてや、タンパク質食摂取についての考え方の背景にある理由についても触れています。

でもここでいう過剰摂取の量って150g以上exclamation&question相当な量ですね・・・
でも狩猟民族だったアメリカ人と農耕民足だった日本人は消化能力が遺伝的に違っている気がするので、日本人はもっと少ない量でもダメージ受けそうな気がします。

医学博士、栄養医学、スタンフォード大学医学部教授、生物医学国際アカデミー会長エイローラ博士の動物性タン白質の過剰摂取に関する警告。
< エイローラ博士が高タンパク質食を戒める理由 >
@ 高タンパク質・低炭水化物は副腎に極度の負担を掛け、過剰ストレスを与える。
A 特に肉の過剰摂取は、心臓疾患・ガン・結腸がん・腎臓障害・骨そしょう症・アテローム性動脈硬化症・歯槽膿漏・関節炎・老化をもたらす可能性がある。
※ アメリカ人のタン白質平均摂取量は当時で110gと非常に多い。彼らが言う高タンパク質食とは、一日150g以上のことである。
B 肉の過剰摂取はV.B3及びV.B6の重度の欠乏をもたらす。
C 動物性タンパク質代謝の危険な副産物はアンモニアである。
D 肉には、カルシウムの22倍のリンが含まれているので、同量の消費を必要とするカルシウムとマグネシウムの不足をもたらす。
E タンパク質過剰な場合に、精神障害特に統合失調症の発生に寄与することがある。
F 動物性タンパク質の過剰摂取は、身体を酸性にし、腸内異常発酵や便秘をもたらす。
※ 大豆などに含まれるαアミラーゼインヒビターは、でんぷんを分解する酵素「αアミラーゼ」の働きを抑え、血糖値の急上昇を抑制する。しかし、大豆タンパクだけを摂って炭水化物除去食を指導する国内の低血糖症治療の医療機関には注意が必要である。インスリン分泌調整機能の回復は、人間にとって第一の栄養源である炭水化物を摂取するという健康回復への大きな目的の一つである。栄養医学というのは、本来自然な食生活を基本として、それでは補えない栄養素をサプリメントで十分に補給するものである。

また、エイローラ博士は、低血糖症者には牛乳アレルギーが多い事にも触れている。

また、ハリス博士(異常に低い血糖値の存在とそれに伴う症状を記述した最初の人)は、タンパク質の摂取についてエイローラ博士とは全く逆の考えを持ち、「高タンパク質・低炭水化物」の食事法を考案している。
これは、マリヤ・クリニック以外の後発の医療機関が勧めているのと同じ考え方である。


なんか、私の体験からしても納得です。。。目
でも高タンパク質・低炭水化物が副腎に負担かけるなんて初耳。1977年の治療法らしいですが、何か理由があるんでしょうね。

posted by ぴぃこ at 10:04| Comment(0) | 栄養療法・糖質制限について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

砂糖とアレルギーと糖質制限食

今日たまたまアマゾンを見てみたら、私の過去の購入履歴からのおすすめで、この本がピックアップされていました。今月発売された新書のようです。


アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)

こちらの本は、分子整合栄養医学では有名な溝口クリニックの先生が書いた本です。
栄養療法されてる方や興味ある方は、きっとこの先生の事はご存知だと思います。

でも、紹介しておいてなんですが、もし「砂糖をやめるだけでアレルギーが治る」と言っているなら、私は自分自身の経験からして、ちょっと疑問があります。
私はこの本は読んでいないのでどんな内容なのか詳しくわかりませんが・・・

ただし。この本はアレルギーと砂糖、血糖値や副腎疲労の関係について書いているようですが、それらがお互いに関係しあっているのは紛れもない事実。。。
お砂糖や炭水化物の過剰摂取はアレルギーを悪化させ、副腎疲労も悪化させます。

もし、この事実を知らずにいる人や、砂糖とアレルギー、そして副腎疲労や低血糖との関係をもっと知りたい人がいたら読んでみると役にたつのではと思います。

しかしですね。。。
この先生をはじめ、分子整合栄養医学の先生が薦めている糖質制限食は人によっては悪化する可能性もあるので、私は、安易に飛びつかない方が良いと思っています。

私は低糖質高タンパク質食でかえって体調を崩しました。
糖質制限のしすぎ、高タンパク質摂取やプロテイン摂取で色々支障をきたし、そうしているちに自分がどの位の炭水化物とタンパク質を摂ったら良いのか、わからなくなってしまいました。

もちろん、糖質制限食で体調改善する人もいると思うので、やるなら様子みながら慎重に試してみるのがよいと思います。

高タンパク質食で具合悪くなる人は、タンパク質の消化が上手くいかない人だと思うので、そういう人は、消化酵素(胃酸の少ない人は塩酸ベタインも)、乳酸菌をとって、ペプチドタイプのプロテインやアミノ酸でタンパク質補給すると良いと思います。もちろんビタミンB群も必要です。
(牛乳、卵、大豆にアレルギーもつ人が多いようなのでプロテインを摂るときは、注意して下さいね)

※追記:プロテインは消化吸収の良い「ペプチドタイプ」というのが重要です。それでもお腹が張る時は、少量ずつ頻回で摂るようにするとそのうち量が飲めるようになってきます。私もそうやって飲めるようになっています。
また、ホエイや乳由来のプロテインはアレルギー以外にも、体質的に乳製品に含まれるカゼインを分解する力が無い人は脳へ悪影響を及ぼす場合があります(これはでも少数派かも知れません)。長くなるので詳しくはここでは書けませんが過去記事の「ペプチド検査」の説明で軽く触れています。このペプチドについては私の症状や改善経過等も含め、そのうち記事にするつもでいます。

あ、そうだ。甘いものへの異常な欲求があって困っている人、いますか?
私もそうだったのですが、そういう時は、一食だけ(or一日だけ)炭水化物を断つとか、極々少なめ程度に摂るようにしたらすぐに楽になりました。

あと、甘味への強い欲求は「ビタミンB不足」「カロリー不足」も関係あります。
これらが不足するとエネルギーが足りなくなり、即エネルギーになる炭水化物や甘いものを欲求するように体(脳)ができているからです。
あと腸内に「カンジダが繁殖」していると、甘い物への欲求が強くなるとも言われています。
おそらくカンジダの餌が糖質であること、カンジダの糖質に似た代謝物が低血糖の原因になること、カンジダの代謝物がエネルギー回路(TCA回路)を阻害しエネルギー生産に支障をきたすこと、カンジダの分泌物が腸に穴を開けそこからアレルゲンが侵入しアレルギーを悪化させ→それを抑制するためのコルチゾールを分泌する副腎も疲労させ→副腎疲労は低血糖症も悪化させること、などが関連しているのでは?と思います。
(カンジダ症は性病でもなく、女性だけのものでもなく、男性も、なります。)

炭水化物や甘い物欲求 = 体の欲求 = 体の中の状態、とも言えるから面白いですねexclamation

今は、私自身は炭水化物を完全カットするのは抵抗があり、あくまでも控えめにとどめる程度(30〜80gを日により増減)にして、食事全体でのカロリーも不足しないように油で調整するなど、一応、気をつけているつもりです。
食事からのタンパク質は消化酵素をとり、ガスが臭くなったりお腹が張ったりしたら取り過ぎと思って、量を調整しています。
後は消化吸収の良いペプチドタイプのプロテインでとっています。(これはマリヤクリニックで買いました)

糖質制限食の本でも分子整合栄養医学の本でもないので、今やっている栄養療法とは考えが違うかもしれませんが、昔買った本には、一食につき「自分の手のひらの厚み、大きさ程度のタンパク質が適量」と書いてありました。
一般的にいわれる適量gは「自分の除脂肪体重の1/1000g以上」らしいですが(トレーニングしている人はもっと多量)、私は手のひらの厚みと大きさというのがわかりやすいので目安にしています。
(お肉やお魚100g=タンパク質100gではないですよ!部位にもよりますが100gに付き15g前後だったはず・・)

でも、クリニックで薦められたプロテイン摂取量は、私の場合は一日50gで、これを肉や魚から取ろうとしたらかなりの量。
これに食事からの量もプラスされますから、一日に80gは超えそうな気が・・・。分子整合栄養医学ではこの位は必要と考えているのでしょうか?
それとも、血液検査の結果と、私の消化吸収能力では食事からのタンパク質が不足してしまうのを考慮しての量なのでしょうか・・・?

なんとなく今は控えめにと思って一日20g前後で様子みています^^
食事からのタンパク質が不足している時はもっと増やしたりしています。(どうしても食事がいい加減になっちゃう時もあるので^^;)

タンパク質の必要量って人によって異なると思うので、自分の腸や便の状態、体調をみてベストな量を判断するのがやっぱり一番かな?と思っています。

私もまだ試行錯誤中ですが、少しずつ今の自分にベストな方法や摂取量がわかりつつある感じです。

糖質制限食やタンパク質の消化、腸内環境との関係について私の経験からわかってきた事など、本当はもっと詳しく書きたかったのですが、今日はたまたまこの本を見つけたので・・・また詳しく書こうと思いますわーい(嬉しい顔)

posted by ぴぃこ at 13:45| Comment(4) | 栄養療法・糖質制限について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

最近の変化


image-20130211120426.png

昨日は、神戸の異人館に行って来ました。

最近何処かへ行きたいという気持ちが芽生えてるので良い変化だと思います。

大阪に来てもうすぐ二年経ちますが、そういう風に思える体力も余裕もない日々がほとんどでした。
たま〜に調子の良い日に出掛ける事もありましたが、大抵はヘトヘトになったり、帰ってきてから具合が悪化したり。

でも、今回もその「たま〜に」の中のひとつなのかも知れませんが…どうかこのまま続きますように(>_<)

異人館は高校の時の修学旅行と15年位前に行った事があり、それ以来です。

なんか、すっかり変わったような気が…?
こんな坂キツかったっけ??
こんなにキツイ坂道だらけだった記憶がないんですが、多分楽々登れていたからなのかもしれないですね^^;

でも、綺麗な街並みを見ながらテクテク歩いていたら、良い気分になってきました。
やはり気分転換は大切ですね〜^^

こうやって外側に意識を向けて、外の空気や風を感じて、太陽の光を浴びて、それから街路樹の木だったり、建物の壁だったり、異人館の街並みが素敵だったからというのもあって、気持ちが楽になりました。

そんななか、見つけたのが上の写真のポスト。
なんともレトロで素敵です〜。

昨日は疲れるかなとちょっと不安もありましたが、ど〜んと落ちるような疲れ方じゃなかったので大丈夫でした。

平日また一人で行こうかな。

今は頑張って運動するよりこういう風にお散歩しながら気分転換した方が今の体力にあってるのかもしれないなー。

やっぱり癒しって大切…。

異人館の後は、ポートタワーの辺りをウロウロして帰ってきました。
天気も良かったので、海風や空気が気持ちいい。

どこか海や自然の綺麗な場所でのんびり暮らすのもいいなー。
そんな風に自然を感じながら生活できたら…

ふと、海の見えるウッドテラスで大きなゴールデンレトリバーたいなワンちゃんと一緒にのんびりお茶してる自分を想像…。
(ホントはチワワが好きだし、猫も好きなんですが、何故か?大きなワンちゃん)

あ〜ハワイとか住みたい(笑)
もしも叶ったら、速攻で調子良くなりそう(笑)
やっぱり私に今一番必要なのは、癒しとリラックスです、きっと。

そうそう、スタバの神戸北野異人館店って行ったことありますか??
なんか、昔の本物の外国人邸宅を改装しているというので、そこに行くのも楽しみだったんですが、行ってみたらすごい列だったので諦めました^^;

中覗いてみたら、各部屋ごとにソファとかあって、邸宅にお邪魔したような雰囲気でお茶できそうで素敵でしたよ。

平日行ったら空いてるかな?
まっ、コーヒーを止めなきゃって話もあるんですが…^^;

posted by ぴぃこ at 12:22| Comment(0) | 日常と体調日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。