2014年06月18日

久しぶりの更新。ひょっとして重金属が原因?と思っている今日この頃・・・。

久しぶりの更新。。。
ブログのこと、なんとなく気になりつつも、ずっと更新できませんでした。。。

最後の記事のあたりから体調崩してとてもブログどころではなくなったのですが、数か月後の夏頃にはピラティスやヨガを定期的に出来るようになり体力もついてきて、そろそろブログ復活出来そうって時に、主人の転勤で引越し・・・それが10月。
その引越しを境にじわじわ悪化していって、また少しもちなおしつつありましたが、年明けからまたおかしくなり、2月初旬とうとうダウン。
そんな状況でした。

コメントも頂いていたのに返信出来ずじまいで、すみませんでした。
ずっとパソコン開く余裕もなく確認してなかったのですが、気付いたら数件のコメントが・・
お返事しなきゃと思いつつ、パソコンに向かう時間が多いほど体調崩すのと文章を考えると頭が絞られるような嫌な感覚に襲われ、とても返信打つ余裕がありませんでした。
もう見ていないと思いますが、コメント下さった方、本当にすみません。
質問してこられた方も力になれずすみません。

すこし体調も上向いてきたのでこうやってパソコンに向かってますが、今のところまだ返信する余裕もなく、コメント頂いた時はとても嬉しく情報を頂いたりしてありがたかったのですが、お返事できないと申し訳ないのでコメント欄は閉じさせていただくことにしました。
(・・・って思ったけど閉じ方がよくわからない〜〜!とりあえずこのままにしておきます(笑)お返事出来ません事ご理解下さい)

ブログをお休みしている間にしてきたことは・・・
関東に引っ越してきたので、神尾記念病院は月一回通って、体調の報告とDHEAの飲み方を指導して頂いていました。2度目のIgGアレルギー検査もしました。
それから、2月にダウンしてからはマリヤクリニックに行き、有機酸検査も再度しました。

アレルギーは、だいぶ減ってました。
これは、塩酸ベタインや消化酵素、あとは同じ物を大量に食べたり続けて食べないようにしたり、なるべく加熱したりと工夫したお陰と思います。

でも有機酸検査の結果は、前回とたいして変わらずで・・・というか前回より悪い箇所もあり。
やはりアラビノースが高く、カンジダ繁殖が認められました。酵母菌の繁殖もありました。

  【追記】一応、参考までにこんな数値でした。。。
    ・アラビノース 前回140 → 今回120 (カンジダ菌の分泌物で糖に似た物質)
    ・3−オキソグルタル酸 前回0.42 → 今回1.1 (酵母菌の分泌物でTCA回路を妨害する物質)
    ・2−オキソグルタル酸 前回1.2 → 今回0.91 (3−オキソグルタル酸が高いと低くなる。過度のアンモニアを分解するためにアミノ酸が再分化され低くなる。低値だとTCA回路は充分な機能を果たせない。)
        ※他にも色々な異常値がありましたが、とりあえずカンジダと酵母に関連したものだけ。

去年の春ごろのカンジダダイエットしたすぐ後位の時期に、神尾記念病院で血中のアラビニトールを検査した時はカンジダ繁殖は認められない数値と言われたので、半分は安心・・・でも何で?有機酸では出てたのに??っていう感じだったのですが、やっぱり除菌はされてなかったみたいです。

当時、この血液検査をした時はまだ糖質をかなり控えてた時期だったので、血中にはカンジダ菌が流れ出てなかったから?とか、カンジダダイエットで除菌成功したのか?とか色々考えました・・・。

カンジダダイエットは確か記事にしてると思いますが、カンデックスと除菌ハーブを2週間程やってましたが、今回の有機酸の再検査でカンジダはそんな簡単には除菌出来るものではないと思いました。
カンジダダイエットで一時的に減りはしたけど、その後炭水化物や糖質の摂取が増えてるのでまた増えてきたという事も考えられますが・・・つまり再発。
全く除菌されてなかったか、再発のどちらかですね、きっと。
でも再発するということは、除菌の効果はほんの少しだけで、まだまだ多い状態だったからすぐ増殖してしまったのかもしれません。
体調崩してブログ中断したのも、カンジダ除菌によるダイオフによる影響がじわりじわり来ていたのかもしれないと今振り返って思います。

最近、新たにわかった事。

結局有機酸の結果が改善されていなかった事からもう一度腸内環境の事を詳しく調べ始めました。
そこで新たにわかったきたのは、腸内環境よりもっと根本的な原因となっているのは重金属の蓄積ではないかと・・・。

歯の治療の金属の詰め物からの重金属汚染。母親のお腹に居た時に、親から受け継いだ重金属。
それから、5−メチルテトラヒドロ葉酸の遺伝子の関連で解毒しにくい体質。グルタチオン低下。
それから炎症体質・・・。

このあたりがキーになるのではと。

私のように、病院の栄養指導や糖質制限で具合悪くなったり改善しない人、サプリメントを大量に色々摂っているのに改善しない人、腸内環境が悪くなかなか改善しない人、カンジダ除菌して悪化する人、サプリメントに含まれる酵母に反応する人・・などなど、この辺がポイントになるんではないかと。

腸内環境の悪化と、高タンパク質で具合悪くなるのと、カンジダ感染、副腎疲労・・・。
全てのはじまりは重金属??そんな風に思い始めてます。
カンジダのダイオフ症状もカンジダ菌が核として持っていた重金属が放たれるからおきるものです。
解毒、解毒でヘトヘトになっている肝臓にカンジダ除菌で余計に負担掛けてしまうのかも・・・

それで最近、思い切って転院しました。宮澤医院という所です。
以前から気になったいたのですが、検査にお金がかかるので躊躇してましたが、数人の方のブログを拝見して、行こうと決意しました。

そこでやったのは便検査と尿検査。まだ結果は出てなくて、来月半ば頃です。
腸の炎症があるかどかや重金属の蓄積、排出ができてるかどうかなどなど色々な事がわかるみたいです。
結果次第で、今後どうするかの説明があるのだと思います。

それからこの病院の先生は学会を立ち上げているそうですが、その学会に所属している歯科へ、今月下旬に行く予定です。
近所の歯科で確認したところ、私の歯の詰め物はアマルガム(水銀)ではなくパラジウムでしたが、いろいろ調べてみると種類は何であっても金属が埋め込んである事自体問題があるようです。除去する事になると思います。
安全な方法でないと除去する時に重金属を吸い込むので、安全に除去してくれる歯科でないと危険だそうです。
安全に除去してくれる歯科といえば、私が知っている所ではホリスティック歯科医院もありましたが、ここは入れる素材を筋反射テスト等で相性を見てくれるらしく(金属じゃなければ何でも良いという訳でもなくて個人個人で違うらしい)、予約した歯科とどちらが良いのか迷いましたが、流れに身を任せるのも縁かなと思いそうしました。

あと、引っ越し後はめっきり運動しなくなってしまった。
運動不足も腸内環境悪化の原因だと思います。
腸を動かさないと!腸の動きが悪いから、食べ物が腸内に長時間留まる。
肉は腐敗して悪玉菌になる。
ひょっとして酵母菌が異常に多かったのは炭水化物や糖質が発酵して酵母になるからなのかな・・・?
運動不足だけではなく自律神経も腸の動きに関係ありますが・・・
最近、明らかに交感神経優位になっているので・・・

現在のところは、こんな状況です。
こんな風に記事書いてるとまた具合悪くなりそうです・・・(笑)

次はいつの更新になるかはわかりませんが、体調をみて、更新できたらと思っています。

あと、参考になった幾つかのブログ、後でリンクしておきますね。




posted by ぴぃこ at 10:04| Comment(5) | 栄養療法の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。