2013年01月10日

機能性低血糖症とわかった時のこと1

機能性低血糖症は、遺伝的要素と生活習慣が絡んでいたり、又は遺伝的要素が無くても生活習慣だけでも発症するそうです。

私の場合は遺伝的要素(検査でわかりました)と生活習慣が原因のようです。

遺伝的な体質に加えて、数年前から体調改善・美容・妊娠・老化防止の為にしてきた事が裏目にでて甘い物への欲求につながったり、面倒で食事を抜いたり手抜きになった時期があった事が、そもそもの悪化の道を辿る発端となったみたいです…

急激に悪化したのは2011年春の引越し直後からの異常な甘いもの依存に陥ってからですが、数年前から体調のアップダウンが激しく、子供の頃偏食気味で今の体調に似ているので、たぶんその頃から兆候はあった気がします。(2011年までの症状についてはまた別の記事に書いて残そうと思ってます)

そう考えると、病気だとわかるまで長い道のりでした。。。
そもそもこの病気自体一般的に認知されていないし、私がこの病気を知ったのは、2011年の秋ごろよく読んでいた、臨床栄養士のひとり言という都内の病院で栄養指導をされている人のブログででした。

でも、当てはまるような違うような、他にも慢性疲労症候群や副腎疲労症候群、LGS症候群など、これ私かも?と思うようなものも沢山あり、当時は考える力もあまりなかったので、検査しようとまでは思わず、頭の片隅に放置してました。

ちょうどその頃は、タンパク質(アミノ酸)が大事ということ、そして糖質制限という食事法を知り、高タンパク低糖質(タンパク質を多く、炭水化物は少なめ)を意識しはじめた頃でした。
それまでは腸内環境の為に動物性タンパク質は最小限に控えていたので、確実にタンパク質不足だと思い、プロテインやアミノ酸をはじめ色んなサプリメントを試したりしていたら、少しずつ元気が出てきて甘いものへの欲求が減ってきました。
ただ私の場合は、糖質制限でタンパク質を取りすぎていまい、かえって調子崩した時期もあり、単純にタンパク質を多くとれば良いという事ではないと後から知りましたが…。
(糖質制限の事もいずれ記事にします!)

ごはんが少なくても多くても、タンパク質が少なくても多くても、体調を崩すのでその割合に悩み試行錯誤でしたが、去年の夏ごろは一瞬ですが安定してきた時期がありました。
数年前から始まったパン好き傾向はまだ治らず、菓子パンは殆ど食べなくなりましたが、控えなきゃと思いつつもお昼にサンドイッチは良く食べてました。

ある日、どうも私は食後に体調が悪くなる事に気がつきました。
ロルフィングをして(いずれ記事にします)体もほぐれ気分も体調も良かったのに、食事すると体中がガチッと固まり神経が高ぶり体調も悪くなる…

でもその頃は体調は体の歪みや胃弱(慢性胃炎・胃下垂)からきているものだと思っていたので、まず胃を治したいと思い以前から気になっていた手技療法をしている整形外科・内科の医院に行くことにしました。

そして、そこの先生に症状を話したらおそらくあなたは低血糖症だと言われ、朝ごはん食べてるか?と聞かれました。
野菜ジュースと卵、又はパンと話したら、それが原因!ジュースだけなんてダメ!パンは急激に血糖値上げるからダメ!ちゃんとごはんと味噌汁とオカズにしなさい!と言われました。

パンを食べるようになった時期と悪化した時期が重なっていた事から自分でもパンが怪しい?と薄々感じていたので、そうかやっぱりパンがダメだったんだと思い、朝から味噌汁と、きっちりとごはん(ファンケルの発芽玄米)を三食食べ、一食のごはんの量を100グラムに増やしました(その頃は一食70〜80グラムで少なめにしていました)。
もちろん野菜とタンパク質もきちんと食べました。

そうしたら、翌日からドカーーンと具合悪くなり…
頭がモワ〜〜〜っとして霧がかかっようになり、何も考えられない、体が動かない、パワーがでない、どうしよう…ちょうど一年前の体調に戻ってしまったようでした。

つづく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。