2013年01月10日

私が検査したもの

先程の記事に書いたマリヤクリニックでやった検査はどういうものなのか、簡単に説明します。

私の理解が間違っている場合もあるので詳しくはネット検索したり、下のリンク先で確認して下さいね。

一番初めのクリニックでやった、血液検査(栄養療法)、5時間糖負荷検査(血糖値)、副腎コルチゾール(副腎疲労症候群)の検査については、また別の記事に書こうと思います。
栄養療法はこの検査から始まっているので順番が逆ですね^^;


■OAT有機酸検査
腸内環境がどのように悪化しているかの検査です。
有機酸は腸内細菌が作るもので、この有機酸はたくさんの種類があります。
どの有機酸が通常の人より多いのか等、その量を知ることにより、有害な菌が増殖しているかどうかや、それがエネルギー回路に悪影響し疲労感や低血糖症の症状を誘発していないか…など、有機酸検査をする事によって色んな事がわかるみたいです。

例えば、酵母菌やカンジダ菌といったカビ菌が増殖すると、その菌が分泌した酵素で腸壁に穴があいてしまいます。
この腸壁の穴が↓に書いてある遅発性アレルギーやペプチド混入の原因になるようです。

特にカンジタ菌は、アラビトースという糖を生産して、膵臓にダメージを与え、機能性低血糖症などの原因となるようです。


■ペプチド検査
脳に影響を与え、自閉症、多動、発達障害の原因となっている乳製品や小麦のペプチドというタンパク質が血液中に漏れているかどうかの検査です。

ペプチドとは、小麦にふくまれるグルテン(タンパク質)や乳製品にふくまれるカゼイン(タンパク質)を、先天的な消化酵素の欠損などにより消化しきれない事によってできるものです。

そのペプチド(簡単に言うと大きなタンパク質の塊)はアヘンやモルヒネと似た構造をしています。
腸壁に穴があいているとそのペプチドが腸から漏れだして脳関門を突破し、モルヒネのように脳を興奮させる物質となり上記のような疾患の原因となると言われています。


■lgGアレルギー検査
lgGアレルギーとは、遅発性アレルギーといいます。
通常いわれているアレルギーはlgEといって早発性になります。
これば食べた後すぐ湿疹や下痢などの症状がでるので食べ物が原因だとすぐにわかります。
これに対しlgGは食べてから2〜3日してから発症するので食べ物との因果関係が掴めず慢性的な症状に発展しやすいのだそうです。
症状は多岐に渡るそうです。例えば慢性的な疲れや頭痛、原因不明の体調不良などです。
脳にも影響を与えると言われており、うつ症状や精神症状の一因となると言われています。

これもまた腸壁に穴があくことにより、消化しきれなかった大きな分子が腸壁から血液中へ吸収され、遅発性アレルギーを誘発する原因となるそうです。


参考:マリヤクリニックのHP
http://mariyaclinic.com/contents/autism/index.htm
一部、こちらから引用させてもらいましたが、なるべく噛み砕いて書きました。
posted by ぴぃこ at 14:16| Comment(0) | 私が検査したもの&検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。