2013年03月10日

副腎機能・甲状腺機能の自己チェック方法

前回の記事のリンク先の中にあったよーな(たぶん)?気もするので、もしかしたらご覧になった方もいるかもしれませんが。。。

副腎機能や甲状腺機能の状態を自分で確認する方法もあるらしいので、もしや?と思っている方、参考にして下さいぴかぴか(新しい)



◇副腎機能と甲状腺機能
http://nutmed.exblog.jp/7254053/
(甲状腺の働きの自己チェック方法です。私は少し前まで、体温以外全部当てはまっている状態でした…^^;)

 ・下垂体を中心として考えると、甲状腺と副腎は互いにかかわっていて、副腎の働きが低下している場合、甲状腺の働きも低下していることは少なくない。

 ・副腎の働きは、だ液や血液によって正確に確認することはできる。
 
 ・甲状腺の働きは、かなり症状が進んでいないと血液検査の数値に表れ難い。(見落とす可能性もある



◇副腎機能の自己チェック その1 瞳孔収縮テスト
http://nutmed.exblog.jp/7043051/
(暗い部屋で目の横からライトを当てて瞳孔の動きを確認する方法です。)

<テスト方法の概略:詳細は↑を読んで下さい>
暗い部屋の中で目の横からライトを当てた時(直接見たらダメです!)、瞳孔がちゃんと収縮しているかどうか鏡で確認します。ライトを当てている間ずっと収縮を維持出来ていれば副腎の働きは正常です。


これが100%とは言えないそうですが、かなり正確に判断できるそうです。

私の半年以上前(一度だけ実施)のテスト結果は、収縮を維持できたのは僅か15秒位。
その後小刻みに拡張と収縮繰り返していました。

副腎と瞳孔の働きは、関係していて、光が眩しく感じるのは副腎の働きが弱って瞳孔が上手く収縮しないのも原因のひとつとか。

確かに昔からよく外の光や蛍光灯が眩しくて目の奥が痛くなったりしてましたが、子供の頃からなので普通の事と思って気にしていませんでした。

そういえば、最近はそういう事がないんですよね。
まぁ一年前に比べたら、サプリも色々飲み始めて、体調も変わってきてるからなぁ。
今テストしたら多少は長く維持できるかも?またやってみたいと思います。

posted by ぴぃこ at 21:51| Comment(0) | 栄養療法の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。