2013年02月12日

砂糖とアレルギーと糖質制限食

今日たまたまアマゾンを見てみたら、私の過去の購入履歴からのおすすめで、この本がピックアップされていました。今月発売された新書のようです。


アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)

こちらの本は、分子整合栄養医学では有名な溝口クリニックの先生が書いた本です。
栄養療法されてる方や興味ある方は、きっとこの先生の事はご存知だと思います。

でも、紹介しておいてなんですが、もし「砂糖をやめるだけでアレルギーが治る」と言っているなら、私は自分自身の経験からして、ちょっと疑問があります。
私はこの本は読んでいないのでどんな内容なのか詳しくわかりませんが・・・

ただし。この本はアレルギーと砂糖、血糖値や副腎疲労の関係について書いているようですが、それらがお互いに関係しあっているのは紛れもない事実。。。
お砂糖や炭水化物の過剰摂取はアレルギーを悪化させ、副腎疲労も悪化させます。

もし、この事実を知らずにいる人や、砂糖とアレルギー、そして副腎疲労や低血糖との関係をもっと知りたい人がいたら読んでみると役にたつのではと思います。

しかしですね。。。
この先生をはじめ、分子整合栄養医学の先生が薦めている糖質制限食は人によっては悪化する可能性もあるので、私は、安易に飛びつかない方が良いと思っています。

私は低糖質高タンパク質食でかえって体調を崩しました。
糖質制限のしすぎ、高タンパク質摂取やプロテイン摂取で色々支障をきたし、そうしているちに自分がどの位の炭水化物とタンパク質を摂ったら良いのか、わからなくなってしまいました。

もちろん、糖質制限食で体調改善する人もいると思うので、やるなら様子みながら慎重に試してみるのがよいと思います。

高タンパク質食で具合悪くなる人は、タンパク質の消化が上手くいかない人だと思うので、そういう人は、消化酵素(胃酸の少ない人は塩酸ベタインも)、乳酸菌をとって、ペプチドタイプのプロテインやアミノ酸でタンパク質補給すると良いと思います。もちろんビタミンB群も必要です。
(牛乳、卵、大豆にアレルギーもつ人が多いようなのでプロテインを摂るときは、注意して下さいね)

※追記:プロテインは消化吸収の良い「ペプチドタイプ」というのが重要です。それでもお腹が張る時は、少量ずつ頻回で摂るようにするとそのうち量が飲めるようになってきます。私もそうやって飲めるようになっています。
また、ホエイや乳由来のプロテインはアレルギー以外にも、体質的に乳製品に含まれるカゼインを分解する力が無い人は脳へ悪影響を及ぼす場合があります(これはでも少数派かも知れません)。長くなるので詳しくはここでは書けませんが過去記事の「ペプチド検査」の説明で軽く触れています。このペプチドについては私の症状や改善経過等も含め、そのうち記事にするつもでいます。

あ、そうだ。甘いものへの異常な欲求があって困っている人、いますか?
私もそうだったのですが、そういう時は、一食だけ(or一日だけ)炭水化物を断つとか、極々少なめ程度に摂るようにしたらすぐに楽になりました。

あと、甘味への強い欲求は「ビタミンB不足」「カロリー不足」も関係あります。
これらが不足するとエネルギーが足りなくなり、即エネルギーになる炭水化物や甘いものを欲求するように体(脳)ができているからです。
あと腸内に「カンジダが繁殖」していると、甘い物への欲求が強くなるとも言われています。
おそらくカンジダの餌が糖質であること、カンジダの糖質に似た代謝物が低血糖の原因になること、カンジダの代謝物がエネルギー回路(TCA回路)を阻害しエネルギー生産に支障をきたすこと、カンジダの分泌物が腸に穴を開けそこからアレルゲンが侵入しアレルギーを悪化させ→それを抑制するためのコルチゾールを分泌する副腎も疲労させ→副腎疲労は低血糖症も悪化させること、などが関連しているのでは?と思います。
(カンジダ症は性病でもなく、女性だけのものでもなく、男性も、なります。)

炭水化物や甘い物欲求 = 体の欲求 = 体の中の状態、とも言えるから面白いですねexclamation

今は、私自身は炭水化物を完全カットするのは抵抗があり、あくまでも控えめにとどめる程度(30〜80gを日により増減)にして、食事全体でのカロリーも不足しないように油で調整するなど、一応、気をつけているつもりです。
食事からのタンパク質は消化酵素をとり、ガスが臭くなったりお腹が張ったりしたら取り過ぎと思って、量を調整しています。
後は消化吸収の良いペプチドタイプのプロテインでとっています。(これはマリヤクリニックで買いました)

糖質制限食の本でも分子整合栄養医学の本でもないので、今やっている栄養療法とは考えが違うかもしれませんが、昔買った本には、一食につき「自分の手のひらの厚み、大きさ程度のタンパク質が適量」と書いてありました。
一般的にいわれる適量gは「自分の除脂肪体重の1/1000g以上」らしいですが(トレーニングしている人はもっと多量)、私は手のひらの厚みと大きさというのがわかりやすいので目安にしています。
(お肉やお魚100g=タンパク質100gではないですよ!部位にもよりますが100gに付き15g前後だったはず・・)

でも、クリニックで薦められたプロテイン摂取量は、私の場合は一日50gで、これを肉や魚から取ろうとしたらかなりの量。
これに食事からの量もプラスされますから、一日に80gは超えそうな気が・・・。分子整合栄養医学ではこの位は必要と考えているのでしょうか?
それとも、血液検査の結果と、私の消化吸収能力では食事からのタンパク質が不足してしまうのを考慮しての量なのでしょうか・・・?

なんとなく今は控えめにと思って一日20g前後で様子みています^^
食事からのタンパク質が不足している時はもっと増やしたりしています。(どうしても食事がいい加減になっちゃう時もあるので^^;)

タンパク質の必要量って人によって異なると思うので、自分の腸や便の状態、体調をみてベストな量を判断するのがやっぱり一番かな?と思っています。

私もまだ試行錯誤中ですが、少しずつ今の自分にベストな方法や摂取量がわかりつつある感じです。

糖質制限食やタンパク質の消化、腸内環境との関係について私の経験からわかってきた事など、本当はもっと詳しく書きたかったのですが、今日はたまたまこの本を見つけたので・・・また詳しく書こうと思いますわーい(嬉しい顔)

posted by ぴぃこ at 13:45| Comment(4) | 栄養療法・糖質制限について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。