2013年01月10日

栄養療法開始

糖負荷検査したクリニックは、オーソモレキュラーという分子整合栄養医学という栄養療法をとりいれている病院でした。
糖負荷検査の他に血液検査、副腎コルチゾール検査もしました。

機能性低血糖症だという事以外に、血液検査の結果から色々栄養が不足していることがわかり、ビタミンB群、ヘム鉄、ナイアシンのサプリメントをクリニックで購入しました。

その他に、元々自分でアイハーブで購入したアミノ酸やプロテインと、前々から飲んでいたマルチビタミンなども引き続き飲んでいました。

厳しく糖質を制限するように言われ、極力炭水化物を控えるようにしていました。

炭水化物を控え、クリニックのサプリを飲みはじめてからその日のうちに寝つきが良くなり、日に日にぼーっとしていた頭もハッキリしてきて、一時的に症状は良くなりました。

でも、なんか、おかしい…良くなったような、悪くなったような…

タンパク質を多く摂った為に腸内環境が悪化して、強烈に臭いガスがプープーでるし、便の状態も良くありません。

それまでも、一年位前からタンパク質を食事から意識して摂っていたのですが、先生からタンパク質不足と言われ、どんだけ食べればいいんだ?!と思いながら、ある日、プロテインを一日で40g摂ったら(その時はどの位摂ればいいのか目安がわからなくて、小まめに飲んでいたらその位飲んでいた計算になりました)、翌日、固くて真っ黒い便が出て、しかも臭いがすごいことに…

だんだん頭が、TVに例えると砂嵐の画面やTVが壊れて画像が乱れているようないつも混乱している感じになり、頭がフリーズするような変な感覚になりました。
なんか嫌な感じ…何か行動しようとしても頭がフリーズするから何も出来ない。

まさにパソコンでいろんな処理するとフリーズしている感じと似ているかもしれません。
頭がパニックになった感じなのですが、パニック症とは違う感じです。

何故か、突然気持ちが焦っきて、そわそわする。どうしようもなくイライラする。。。
(後日、ペプチド検査で乳製品のペプチドの影響も関係しているとわかりました。私はそのペプチドが相当多い方だったらしく、もしかしたらここまでなる人は少ないかもしれません)

そんな状態だから当然睡眠にも影響します。メラトニンや睡眠改善の為のサプリを飲んでいたのでなんとか眠れていましたが、飲んでなかったら確実に眠れてないと思います。

もしかして、腸内環境が体調悪化の原因ではないかと気付き、低血糖症治療で有名な千葉県のマリヤクリニックで更に詳しい検査をしようと決意しました。

症状を説明し、私に必要だろうと勧められた検査は、有機酸検査とペプチド検査、lgGアレルギー検査というものでした。

この検査は、国内ではやっておらず、クリニックから検査キットをもらい、去年の12月はじめに自宅で尿を摂り海外の検査期間に直接送りました。
12月下旬結果がでたとの事で、クリニックから書面で結果を送ってもらいました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。